547:ニット職人

ほぼ100字小噺

A「竹やん、今度はニット職人になるんやて」
B「何で急にニットなんや?」
A「暖かさに感激したらしいわ」
B「せやけど、アイツ編み物なんかできへんやろ?」
A「練習や言うて、朝から晩まで編んでるわ」
B「へぇ。そらまた、ずいぶんニットに…

傾倒(毛糸ぅ)してるんやな」

コメント

タイトルとURLをコピーしました