仕事

ほぼ100字小噺

530:操縦士

A「航空業界も人手不足らしい」B「今はどの業界もそうやな」A「特に操縦士が足らんのやて」B「なるほど。新人は増やせても、経験積むのに時間かかるからな」A「せやから、ベテラン操縦士は取り合いらしいで」B「まぁ、経験豊富な操縦士は… 貴重(機長...
ほぼ100字小噺

500:たい焼き屋

A「あの大企業、社長一代であそこまで大きなったらしいで」B「そうなんか?」A「たい焼きの屋台から始めて、いろんな事業に進出して成功したんや」B「そら凄いな!」A「何であない色々思いつくんやろな?」B「そら元がたい焼き屋や… ええ餡(案)が詰...
ほぼ100字小噺

495:えらい人

A「この会社の守衛さん知ってるか?」B「そら毎日顔合わすからな」A「どうもアレは仮の姿らしいねん。実は相当えらい人らしいで」B「ホンマか!社長の変装とかか?」A「いや、ウワサによると… 次官級(時間給)らしい」 *** 山田 この会社の守衛...
ほぼ100字小噺

493:007

A「007に狙われたら、逃げ切れるやろか?」B「そら無理やろ。向こうは一流や。ピッタリ張り付かれたら逃れる事はできん」A「せやけど、ちょっとくらい引き離せへんか?」B「それも難しいやろな。なんせ相手は… ジェームス・『ボンド』や」 *** ...
ほぼ100字小噺

491:ペーパーレス

A「あのアイドルのライブ、もう紙のチケットは売らんのやて。ペーパーレスの時代やな」B「時代はそうか知らんけど、アイドルにペーパーレスは無理やろ」A「そうか?」B「そらそうや。アイドルは… 容姿(用紙)が肝心なんやから」 *** 山田 あのア...
ほぼ100字小噺

485:名刺

A「飲み屋で会ったおっちゃんに名刺もろたんやけど、ちょっと変わってんねん」B「どこがや?」A「『51歳 田中一郎』て書いてあんねん。ふつう歳なんか書くか?」B「まぁ普通は書かんけどな、その歳になると… 肩書き(肩が気)になんねん」 *** ...
ほぼ100字小噺

475:第一人者

A「あの先生がこの分野の第一人者らしいで」B「そうなんか?さっき自分が一番わかってへん言うてたで」A「謙遜して言うてはんねやろ。やっぱりあの先生が第一人者で間違いないな」B「なんでや?」A「自分で言うてんねん。あの先生が… 最高峰(最後方)...
ほぼ100字小噺

461:ペンキ屋

A「竹やん、ペンキ屋に転職したんやて」B「大丈夫か?」A「体力いるし、なかなか大変らしいわ。せやけど、竹やん太ってるからダイエットにちょうどエエかもな」B「いや、ダイエットなら別の仕事にした方がエエで」A「なんでや?」B「ペンキやと… 落と...
ほぼ100字小噺

458:蒲鉾屋

A「あれは選挙の街頭演説か?」B「創業150年の老舗蒲鉾屋の主人が市議選に初出馬やて」A「ホンマか?あの演説ぶりは初めてには見えんぞ。ベテランの議員みたいや」B「せやな。さすが蒲鉾屋、何やらしても… 板についてる」 *** 山田 あれは選挙...
ほぼ100字小噺

457:独身

A「お客様に書いてもらった書類、何て書いてあるかわからないんですけど、どうしたら良いですか?」B「そこの欄は未婚か既婚か書くとこやな。何かしら書いてあるなら未婚や」A「何でわかるんですか?」B「この人は男やからな… 読めない(嫁ない)なら独...