文房具

ほぼ100字小噺

472:ホッチキス

A「最近のホッチキスは針のないのがあるんやな」B「せやな。文具も進化してるって事や」A「進化か。そう言う意味では、ホッチキスも人間と同じやな」B「何でや?」A「長い年月を経て… 針(ハリ)が無くなったんや」 *** 山田 最近のホッチキスは...
ほぼ100字小噺

471:消せないペン

A「『消せないペン』を開発したで」B「何言うてんねん。消えん方が普通やないか」A「いや、これは特別なんや。ただ、一部の業界から恨みを買うかもしれん」B「なんでや?」A「これはどんな手品師でも… 『消せないペン』やねん」 *** 山田 『消せ...
ほぼ100字小噺

433:消しゴム

A「消しゴム専門店があるんやて」B「そんなん需要あるんか?」A「世界中の珍しい消しゴムを集めてて、結構評判らしい」B「そら、買い付けが大変そうやな」A「オーナーが寝る間も惜しんで、世界中を飛び回ってるらしいで」B「なるほど、消しゴムだけに…...
ほぼ100字小噺

407:万年筆

A「高級な万年筆を買おうと思う」B「どうしたんや?」A「自分へのご褒美や。ちょっとはエエもん持とうと思てな」B「そらエエけど、どうせなら買うんは夏まで待ったらどや?」A「なんでや?すぐ買いたいがな」B「こだわって作るからな。高級万年筆は… ...